AD BLOG

どうも。唐川です。

DATE:

はじめまして

AD2年目の唐川です。

HPが一新され、ついに私にも順番が回ってきました。

前回、更新した森と同期で、TBSのサンデー・ジャポンを担当しています。

今年の7月から俗にいう「サンジャポ」へと異動になったわけなのですが、

その話は、またの機会にしていこうと思います。

スペードワンのHPや、このAD日記を見ているということは

少なからず、この業界・仕事に興味を持っている人で、

制作会社って、いっぱいあるけど何が違うんだろうと

感じている方が多いと思います。

そこで、この1年ちょっとで私が感じたスペードワンのことや

仕事のことを書いていこうと思います。

基本的に、この業界の人たちは常に忙しいです。

なので、ピリピリしていることが多い。

みんながみんな仕事に追われていることがほとんどなので、

正直、この業界に入って優しく教えてくれる人は一握り。

謎の専門用語が飛び交う中、訳のわからないまま、現場へ。

訳が分からないから、戸惑って、何もできなくて・・・

始めのうちはそんな毎日です。

私の場合、当時超怖い先輩についていて

毎日毎日怒られて...何もできなくて悔しくて、よくトイレで泣いていました。

ここだけの話、「あんなやつ、いつかバチが当たってしまえ!」と

いつも念じていました。(内緒です( ´艸`))

ADになって1年4か月。

運よく色々な番組を担当してきましたが、未だにたまーに悔しくて泣いています。

(泣くなんて実は超恥ずかしいことだったり・・・すぐに泣いてはいけません)

正直、つらい日も多くあります。

(安心してください、楽しいことも沢山ちゃんとあります。)

そんなとき、一緒に働いている人たちとの関係性が

重要になってくるのです。

仕事をするときは同じ会社の人間だけでなく、

実は外部の方々が関わってくることも多いです。

その方々も含めた「仕事がしやすい空気作り」を

うちの会社は大切にしていると感じました。 

働く環境が良ければ、つらくてもなんとかなります。

支え合えるし、助けられるし、助けてくれるし。

この仕事の中で実は一番大事なのではないでしょうか。

答えはわかりませんが、この1年ちょっと働いた中での私の収穫です。

うーん、ここまで色々話しましたが...長いですね。

というわけで、次回もこんな私がお送りします。

この会社で働くあんな人やこんな人、

ある日に起こったこんな事やあんな事などをお送りします。

以上、唐川でした。ばいばい。

続きを読む

はじめまして!

DATE:

はじめまして!

宮崎大学卒、AD2年目の森です!

HPも一新されて今日からわたくし、森が面白日記を再始動します!

今回はADの大切な仕事の一つ「リサーチ」と「プレゼン」について書きます。

「リサーチ」は言葉通り、なにか面白い、視聴者が驚くような情報がないか

インターネットや電話、本などで調べたり、実際に現地で聞き込みしたりして番組のネタを

探し出すことです。

面白い情報や知識などによって番組の内容や構成が変わってしまうので、大変重要な仕事です。

そのリサーチ結果を生かすも殺すも自分のプレゼン能力次第!

でも自分はまだまだその力がないわけで、

つい先日もとある会議で江の島についてのリサーチ結果を発表したのですが...

自分:江の島を走る江ノ電の運転手は全員メーターを見なくても速度がわかるんですよ。

D :えー!すごい!どうして!?

自分:電車の運転手になるための試験に「体感で速度を当てる」というものがあるんです!

D :じゃあ、江ノ電に限らず電車の運転手ならだれでもできるんじゃ...?

自分:その通りです!!

D :それじゃ駄目じゃねーか!!!

「江ノ電の運転手すごい!」と言わせたかったところを、自分が言った補足情報が裏目に出て、

ボツになってしまいました(泣)

次の会議では、どのようにネタの面白さを伝えるか、どうすればより興味を持ってくれるかを考えて

会議を爆笑の渦にして見せます!

次回はスタジオ収録のお話です。お楽しみに!

続きを読む

ぷるぷる

DATE:


1回目の更新から長い期間が経ち、

もう既に辞めたんだなと思っていたそこのあなた・・・

なぜ1年間も更新できなかったのか

ただネタが無いだけなのか

そんな疑問が飛び交っていますが、

実は・・・忙しい仕事に追われて

ただ日記を書くことを避けていただけでした。

本当に申し訳ありません!

しっかり生きていますよ!

お久しぶりです!AD加納です。

突然ですがみなさん

TV番組などでよく目にする有名店の料理や、ラーメン、

箸であつあつのご飯を持ち上げてみたり、

肉汁たっぷりのステーキだったり、

あれって本当においしそうに見えますよね。

視聴者の方に画面を通して

料理のおいしさを視覚的に伝えているのです!

観ている方に

おいしそう!」「食べたいな!」と思われたいのです。

どうやって撮ればおいしく見えるのか!?

「おいしそう!」「食べたいな!」と

思ってもらえるにはどうすれば良いのか

先日、ロケで

料理研究家の方が個人経営している目黒の料理教室で

料理の撮影を行いました。

そこで、僕にも貢献できるようなチャンスが来ました。

それは

箸上げと言われるものです!

箸上げとは料理を箸であげて

特徴的なところをピックアップして見せたり、

断面をアップに見せたり、より料理を視聴者にみせる方法です。

その日はパエリアやハンバーグなど、

色んな料理の箸上げをしたのですが、

その中で1番上手くいかなかったのが、焼き魚です。

指先の神経を集中させ、

箸のはさむ力

箸を持つ角度

位置などしっくりくるところに合わせて、

自分の感覚で調整します。

そして持ち上げた瞬間。

ぽろっ

と箸からすぐ崩れ落ちてしまうハプニングが多々あります。

焼き魚に限らず、ご飯ものや、麺など

持ち上げても箸にジャストフィットしないので

手や指先の神経など微妙な感覚を調整していくのです。

そして集中して、気合を入れると

逆に力が入りすぎてしまい

僕の手がぷるぷる震えて、キレイな画にはなりません。

一旦、落ち着いてみました。心を無にしました。

箸上げの動作を右腕に染み込ませ、心を無にするのです。

本能で箸を上げ、目を細めて、なるべく遠くの方を見るのです。

モノは見ないようにします。

手元を見てもっとしっかりつかまないと!

とか、

カメラのモニターをみて、上手く位置を変えよう!

とか、

もちろんいやらしいことを考えてもいけません。

雑念を消します。

気持ちの問題だったのです。

スイッチを切り替えた途端

キレイな箸上げが生まれました。

yakisakana.jpg

なにかうまくいかないときは

心を無にすることも大事なんだと思いました。

みなさんがテレビでぼくの箸上げを観て

「おいしそう!」「食べたいな!」と思われますように!

ではまた。

続きを読む

はじめまして!杉山です!

DATE:

こんにちわ!彼女いない歴8年、有吉AKB共和国 AD杉山です。

文章力のない私はずーっとAD日記から逃げ続けていたのですが入社1年目にしてついに…!!

ついに!私にも日記を書く機会がやってまいりました。

そう、AD日記総選挙

一番面白い日記を書いた人には叙々苑の焼き肉がご馳走されるというこの企画。

うまい焼き肉をタダで食らうべく、爆笑の日記を書いていこうと思います。

入社してからの1年間というもの、私は数々の苦難を乗り越えてきました。

彼女も作らず(作れず)、風呂にも入れず、周囲のというに怯え、

かっぱのズラを作る為にお皿と格闘したり、眠気に勝つ為に編集所でもみあげ

抜いてみたり、哀川さんから頂いた会社の宝であるカブトムシ様のお世話をしたり、

ドレスを求めて三千里…なんてこともしばしばありました。

これだけ見ると辛いことばかりのように見えますが、

出演者さんなどに笑顔で「お疲れ様です」と言ってもらえたりすると

すぐに疲れは吹っ飛んでしまいます。

そんなモテなくて、とても男臭い生活をしている僕ですが先日、

S行内先輩と共にカラオケの上手なママさんを探すべく

新宿2丁目界隈のロケハンに伺った際、新しい事実が判明しました。

女性に全く持てない私ですがお店のオカマさんに気に入られ、

私はニューハーフの方によく好かれる顔立ちであることが判明したのです。

その後数件、オカマバーのママさんに取材にご協力頂いたのですが

皆さん、私の方が好みであるとのお声を頂きました。

これには、S行内先輩もジェラシーを隠せておりませんでした。

そんな訳で、最近はそちら側にトライしてみるのもありかなと

考えている杉山です。

先輩方も書いているAD日記

とても面白く、また役立つ情報満載なので

これからTV業界を志す方は是非参考にしてみて下さい!!

それでは!

続きを読む

哀川翔さんの「哀川翔カブト虫産卵セット」はすごい

DATE:

皆さん初めまして「有吉AKB共和国」でADをしています小松原です。

先日の収録の時に哀川さんから頂いたツガイのカブトムシが卵を産み、

なんと25匹の幼虫が誕生しました。感動です!!

komatsu_youchu.png

カブトムシの飼育は生まれて初めてでしたがこんな僕にでも産卵させることが出来るなんて、

流石哀川翔さんの「哀川翔カブト虫産卵セット」です!

ホームセンターでも販売されているそうなので子供達の夏休みの宿題にお勧めです。

komatsu_sanranpa.png komatsu_sanran.png

アクシズのホームページから直接購入することも可能です。

有吉AKB共和国の撮影でお世話になった昆虫専門ショップむし社に相談したところ

成虫を長生きさせる為にはある程度卵を産んだらオスとメス別に飼った方がいいらしいです。

一緒のかごで飼っているとどんどん卵を産むので小さい虫かごだと幼虫だらけになって

土をすぐ食べ尽してしまうんだとか!

komatsu_kakuri.jpg

さんこんな感じでいかがでしょうか!

来年また、この幼虫達が成虫になるまで大切に育てます。

ちなみにこのカブトムシ達の待遇はADの僕よりも上です。

続きを読む